Photoshop CS6でのスライスの意外な使い方

公開日: : Adobe , ,

photoshopcs6

最近Photoshopをいじっていて知らなかった挙動があったのでメモです。

PhotoshopからWeb用に書き出す場合、私はスライスを使って書き出しているのですけれども、スライスの選択をしている状態で、コピーペーストすると、今現在見えている状態の、選択したエリア内の画像がペーストされる事を知りました。レイヤーを無視してすべてを統合した画像がペーストされます。

ちょっと言葉だと分かりづらいの画像で説明しますと、まず、レイヤーがある状態のファイルでスライスを選択します。下図サンプル状態だと、テキスト情報もそのままある状態です。背景画像とテキストがレイヤーとして存在しています。

slice1

この状態で、スライスを選択し、コピー&ペーストをするとスライス内の画像が統合されたものがペーストされます。こんな感じに。

slice2

あまり頻繁に使う機能ではないと思うのですが、背景とテキストを別々で用意しないと行けない場合や、都合上スライスが重なってしまっている場合など、個別に画像を用意しないといけない時にはちょっとだけ使える機能だと思います。

 

関連記事

Photoshop CS6のキーボードショートカット

相変わらずまだ体験版のAdobe Creative Suite 6 (CS6)ですけど、 使って

記事を読む

Mac OS X 10.9 MavericksでAdobe CS6の起動確認

アップルの発表会が終わりましたね。新型MacBook Pro、新型iPad、Mac Pro、新O

記事を読む

Photoshop CS6の背景を透明にする(背景を消す)。

Adobe Creative Suite 6 (CS6)がついにリリースされました。体験版がアド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright Design Office majili All Rights Reserved.