Google Search Consoleでサイト確認ができない場合の対処法

公開日: : 最終更新日:2016/05/30 クリエイティブ ,

Google_2015_logo

少し前にとある相談を受けた時のトラブルだったんですが、Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)でサイトが認識できないということがあったので、その対処法についての備忘録です。

ウェブ制作者、ウェブ管理者なら当然使っていると思いますが、最初にやることはサイトの認識ですよね。認識方法はしていされたソースコードをサイトに挿入したり、htmlファイルをFTPでアップロードしたり、Googleアナリティクスと連動させたりと何通りかありますが、何をやってもサイト認識ができないことがあります。ちなみにこういう画面がでます。

google_site_ng

何色々やってみたんですが、結論としては、「サーバー側の問題」のようです。使用してるサーバーが特定の国からのアクセスを遮断している場合に起こります。

例えば、国内に設置されているサーバーで、海外からのアクセスを遮断している場合に起こります。理由は様々だと思いますが、アクセスの遮断は基本的にサーバー会社の判断で行われているので、この症状になったらサーバーの管理会社に連絡して、遮断の解除依頼をするのが確実だと思います。

また、海外から遮断されてるかどうかを確認するのにわかりやすいなと思ったのが、W3C Markup Validation Serviceです。Validate by URlに認識させたいサイトのURLを記載してチェックしてみましょう。遮断されている場合はエラーが出ます。

ということで完全な解決方法ではないですが、この症状で困ってみたらサーバー側の確認をしてみると良いです。

関連記事

XAMPPとHosterで本番URLをローカルサイトで実現する

注:イーモバイルなどで常にネットに繋がっている人にはほぼ不要記事です。注意通りですが、常にオ

記事を読む

Google Adwords用Flashバナー(swf)の作り方

今までFlashでコンテンツを作る機会は多少ありましたが、Flashバナー、しかもGoogle

記事を読む

Flashバナー(swf)の容量を減らす方法

ここ最近でFlashのバナー制作を何点かやっているのですが、入稿先のメディアごとにswfの容量制限

記事を読む

Web(ウェブ)とは何か、を改めて考えてみる。

未確定ですが、今年の秋頃から専門スクールで高校3年生相手にウェブサイト制作に関する授業を受け

記事を読む

Mac for XAMPPでのローカル開発環境について。独自ドメイン設定も。

8ヶ月ぶりの更新となりました(汗 今年に入ってから先月末まで休みらしい休みも無く、家族を放ったらか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright Design Office majili All Rights Reserved.