考察:MacBook Proの画面解像度が2880×1800ピクセルに?

公開日: : クリエイティブ

MacBook Pro retina
2012年の第2期に画面解像度が2880×1800ピクセルになったMacBook Proが発売される。
という噂が出てきました。希望的観測が強そうですが、可能性はゼロではないと思います。

現時点でも、iPhone4、4s、iPod touchは既にRetinaディスプレイと呼ぶ、
非常に高精細な液晶パネルを作用していて、肉眼ではピクセルを把握できない程、
緻密で美しい画面を実現しています。

MacBook Proが2880×1800ピクセルになるのはRetinaディスプレイ化するという話で、
ありえそうな話でもあります。ユーザーに取っては良い事ですね。
文字が読みやすくなったり、写真が綺麗に見えるようになったりするわけですから。

が、Webデザイナー、クリエイターにとっては大変な話かもしれません。
今までピクセル単位で画像を用意し、サイトを構築していたのですから、
今までのウェブサイトは純粋に縦横2倍に伸ばさないと文字自体読めない。
なんて事になりそうです。

ユーザーの画面解像度に合わせて作り直さないといけない、
という考えもありそうですが、個人的にはちょっと違うかなと思ってます。

2年程前にMacはGUIがベクター化するんじゃないか、なんて話がありました。
今はOSのGUIも含めて全てピクセルデータで作られていますが、
ベクターデータであれば画面の解像度の影響はほとんど無くなります。
それが実現する方向なのかなと思います。

Webの方もそれがそれが実現すれば(ブラウザがベクターデータを処理できれば)
サイトの構築の際は、HTML+CSS+ベクターデータ+写真 というのが基本になるかも知れません。
写真は高解像度の物を用意し、パーセントで配置すれば問題はクリアできるかなと思いますし。

アップルはSafariのバージョン6、7あたりでベクターデータをサポートし、
画面の高解像度化を進めてくるのかも知れません。まだまだWebは進化しそうで楽しみです。

大変だぁ!とは思いますが、大変な方が稼げるので個人的にはありがたい。かな?

関連記事

Flashバナー(swf)の容量を減らす方法

ここ最近でFlashのバナー制作を何点かやっているのですが、入稿先のメディアごとにswfの容量制限

記事を読む

Google Search Consoleでサイト確認ができない場合の対処法

少し前にとある相談を受けた時のトラブルだったんですが、Google Search Conso

記事を読む

マウスのこだわり

Photoshop、Illustratorを使用しているクリエイターなら、 自分の手の用にカーソ

記事を読む

Web(ウェブ)とは何か、を改めて考えてみる。

未確定ですが、今年の秋頃から専門スクールで高校3年生相手にウェブサイト制作に関する授業を受け

記事を読む

scrollfollowが動かない。最新版jquery用に調整する。

サイドなどでメニュー等をスクロールにあわせて付いてくるようにする、 jaueryを使用した便利なスク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright Design Office majili All Rights Reserved.