Mac OS X 10.9 mavericksで起動できないアプリを起動する方法

公開日: : Mac ,

marvericks

もう1月も下旬ですね・・・早くね?気付いたら爺になってそうで本当に恐ろしいです。いつの間にやら子どもたちはズンズクでかくなってるし。

さて、またMacネタですが、10.9になってからアプリが開けない事があります。こんな風に。

app1

これは、OSの標準として、App Store以外からダウンロードや入手されたアプリを簡単に開けなくしたからです。ここ数年でMacユーザーも増えたし、Mac用のトロイも多くなったし、ウイルス入りのアプリを意図しない間にダウンロードして起動してしまう、なんて事にならないような、アップルの配慮だと思います。

が、長く使えば使う程、フリーウェアも含めて色々なアプリを使っていると思いますし、全てのフリーウェアがApp Storeに並んでるわけじゃありません。App Storeに自作アプリを並べようとすると、デベロッパー登録して年会費を払わないといけないので、今まで通り自分のサイトで公開して配布しているアプリだって沢山あります。

そんなアプリをダウンロードして起動しようとすると、先の様なアラートが出るわけですが、このアラートが出た場合は、システム環境設定>セキュリティとプライバシー>一般を開くとこんなメッセージが出てます。
app2

この「〜〜〜は開発元を確認できないため、開けませんでした。」の後ろの【このまま開く】をクリックすると、起動確認のアラートが表示され、さらに【開く】をクリックすればアプリが起動します。

app3

この操作は初回にだけ必要で、1度起動したら次からは普通に起動できるようになります。

この操作も面倒くさいという人は、セキュリティとプライバシーの左下の鍵マークをクリックし、ユーザーパスワードを入力してロックを解除後、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を「すべてのアプリケーションを許可」に変更すれば、どんな入手方法のアプリでもアラートが出なくなります。が、危険なのであまりオススメしません。

app4

関連記事

Mac OS X 10.7から10.6へメールデータを持っていく

ふと思って嫁用にしているリビングのMacBook(ポリカ)を、 SSD化してみようかなと思って、朝

記事を読む

Mac OS X 10.9 MavericksでAdobe CS6の起動確認

アップルの発表会が終わりましたね。新型MacBook Pro、新型iPad、Mac Pro、新O

記事を読む

新型 MacBook Air はいつ出るのか

先日投げ売り?と思われて買ったMacBook Air 11インチですが、 どうも雰囲気がおかしい

記事を読む

新型iMac (Late 2012) 21.5インチの駄目な所

新型iMac の21.5インチが販売開始されました。 発表されたのは10月下旬だったので発表から

記事を読む

クリエイティブに最適なMac環境

今年になってMacBook Pro 15、Mac mini、MacBook Pro 13と、 何か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright Design Office majili All Rights Reserved.