Airも10.7 Lionから10.6 Snow Leopardに戻した

公開日: : Mac

Mac OS X Lion Snow Leopard

Airに入れて絶賛したMac OSX 10.7 Lionですが、10.6 Snow Leopardに戻しちゃいました。

10.7が駄目って訳じゃないです。以前書いた通り、Lionは素晴らしいです。
Airで利用するには本当に良いOSだと思います。

が、miniで書いた通り、動かなくなるアプリもあり、
仕事で使うメインマシンには必要ないかな。ってなったわけです。
メインが10.6なので、Airもそれに合わせて10.6に戻した。っつーことです。

それと、数日使って分かったのは、Lionの方がOSとしては重い。って事です。
メモリの使用量も少なくなって、と前に書きましたが、
使い始めると使用メモリは明らかにLionの方が多い。
新型のAirもメモリが4GB搭載モデルが多いですし、Lionには4GB以上が必須っぽいです。

自分が買ったAirは一番安いメモリ2GBのモデルなので、
Lionの常用にはやや厳しかったです。
なので、しばらくは10.6でいこうと思います。

関連記事

iMac Late 2013 は Mac OS X Mountain Lion 10.8のインストールと起動が可能

また間が空いてしまいました。前回の最後に書いたiMacに買い替えた大きな理由の「10.8起動が可能な

記事を読む

Mac OS X 10.9 mavericksで起動できないアプリを起動する方法

もう1月も下旬ですね・・・早くね?気付いたら爺になってそうで本当に恐ろしいです。いつの間にやら子ど

記事を読む

Mac OS X 10.8 Mountain Lion公開は日本時間午前2時?

昨日アップルの決算発表がされました。簡単に言うと儲かりまくりです。って感じです。 それと同時に、

記事を読む

Mac OS X 10.7から10.6へメールデータを持っていく

ふと思って嫁用にしているリビングのMacBook(ポリカ)を、 SSD化してみようかなと思って、朝

記事を読む

MacBook Airに必須のBetterTouchToolオススメ設定

自宅はMac miniでモバイルはMacBook Airを使ってるんですが、MacBook Ai

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright Design Office majili All Rights Reserved.