Coda2 Mac App Store版で直販版も利用可能に!

公開日: : Mac, アプリ

Coda2

以前のエントリーでPanic License Migratorについて書きましたが、
予想以上にスマートに実装されました!

先日Coda2 のバージョン2.0.2がリリースされ、多くのバグフィクスや修正の中に、

・App Store 版のライセンスで直販版を利用できる機構を導入。これにより Mac App Store 版のユーザ様は直販版を正規ユーザとしてご利用いただけます。直販版の “購入” メニューより操作してください。

という項目が含まれていました。詳細はリリースノート参照

読んでの通り、Mac App Store版を購入した人は、直販版も利用できるようになったんです!
簡単にですが、その手順を残しておきます。

まず、App Store版がインストール済であることが大前提です。
その状態で、直販版をダウンロードします。ダウンロードはこちら

zipをダウンロードしたら解凍します。この時、アプリを移動しても良いですが、
Applicationフォルダに移動して、App Store版を上書きしないように注意です。
なので、どこか別のフォルダ内に設置するか、
アプリ名をCoda 2 Directとでもリネームしましょう。

次に直販版を起動します。私の場合、直販版を以前起動した事があるので、
試用期間が終了しました。とメッセージが出てました。(直販版買いたかったなぁ・・・
メインメニューの「購入」の「シリアル番号を入力」を選択します。

coda2direct1

シリアル入力のウィンドウが開きます。
ウィンドウの下半分に「Mac App Store版からのライセンス移行」があります。
移行と書いてありますが、App Store版を使えなくなるわけじゃありませんので心配ご無用。
「ライセンスを移行」をクリックします。

coda2direct2

なんとこれだけ!これだけで直販版が利用できるようになります。
もうMac App Store版のアップデートが遅いなんて不満を持つ事は無くなります!

Panic社のアイディア、ユーザーへのレスポンスは本当に素晴らしいです。
今回はMac App Storeで買ってしまいましたが、
今後は少しでもPanic社の売上に貢献したいので、
直販版を購入しようと思います。

Panic社に感謝!

関連記事

iMac 21.5インチ MC309J/A購入に至るまでのまとめ。

2012年の新型iMacが発売されましたね。新型についての記事はこちら>>前々回

記事を読む

期待してない Mac OS X Lion 本日7月20日発売

らしいです。 ライオンの発売が先で、MacBook、Airあたりの発売は後っぽいですね。 もしか

記事を読む

MacでメモリーをRAMDISK化する

最近ずっと値下がり続けてるPCのメモリ相場ですが、 ノート用のですら、8GBメモリーが3000円

記事を読む

Macの動作で不具合を感じたらキャッシュを消してみる。

貧乏暇なしで忙しく過ごしてたらブログ放置してました。制作上での小ネタもポツポツあるのですが、結局

記事を読む

Web制作に最強の開発ツール「Coda」が値下げ

会社で使用している開発ツール「Coda」が値下げされてました。 もしかしてメジャーアップデート前

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright Design Office majili All Rights Reserved.