Coda2のサイトグループ機能が便利

公開日: : Mac

Coda 2

初のメジャーアップデートをしたCodaですが、
まだ日本語に対応してなかったり、根本的にアプリを作り直したせいか、
アプリの強制終了や基本機能にバグがあったりと、
Coda2はまだまだ未完成です。

が、それでも便利な部分もあるし、新しいのが好きなので
毎日触っていますが、どうしても不便だなぁという点が多々あります。

PanicJapanはサポートの方の対応が非情に丁寧で好感は持てますし、
バグを放置したままメジャーアップデートしてしまうような、
どこぞのア○ビさんのような体質ではない(と思う)ので、
今後のCoda2のバージョンアップに期待したいところです。

さて、標題のサイトグループという機能ですが、
今回のバージョンアップで追加された機能の1つで、
サイトリストをiOSのようにグループ化が出来るようになりました、

個人利用ではあまり必要ない機能かもしれませんが、
仕事で複数のサイトを同時に製作管理したり、
さらにはサブドメインを複数管理していたりすると、
サイトリストが多くなって管理しづらかったのです。
私自身、職場では30リストほどあるので、この機能は結構嬉しいです。

操作自体は非情に簡単で、サイトアイコンを別のサイトアイコンの上に、
ドラッグ&ドロップするだけ。

グループ化されると、アイコンの表示が変わって、グループ名が表示されます
デフォルトでは「New Group」という名称でグループ化されます。もちろん、グループ名も変更可能。

グループアイコンをクリックすると、iOSと同じようにグループ内のサイトリストが、
ヌロッと出てきます。

Codaはコーディングするソフトなので、こういう機能は無くても大きく困らないですが、
でも実際に搭載されると、ああ、便利だな、と思う機能でした。

関連記事

Web制作に最強の開発ツール「Coda」が値下げ

会社で使用している開発ツール「Coda」が値下げされてました。 もしかしてメジャーアップデート前

記事を読む

Coda2 Mac App Store版で直販版も利用可能に!

以前のエントリーでPanic License Migratorについて書きましたが、 予想以上に

記事を読む

Macでファイルの変更や削除ができなくなったら

MacOS Xはファイルやフォルダ単位でアクセス権があり、 何かしらでアクセス権がおかしく

記事を読む

裏切った Mac OS X Lion の正しい使い方

見事に期待を裏切ってくれました。発売前ににMac OS X開発の中心人物だったBertran

記事を読む

iMac 2011 MC309J/Aは32GBまでメモリを増設可能

ということで、先月注文していたメモリが年末に届きました。 海外サイトではメモリを32GBにして販

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright Design Office majili All Rights Reserved.