Mac OS X 10.7から10.6へメールデータを持っていく

公開日: : Mac

Mac OS X Mail
ふと思って嫁用にしているリビングのMacBook(ポリカ)を、
SSD化してみようかなと思って、朝からPCデポへ行き、32GBのSSDを4000円で買ってきました。
HDDの交換方法は書かれているブログがいっぱいあるので検索してください。省きます。

で、今回HDDを交換するにあたり、OSを10.7から10.6に戻しました。
仕事には全く使っていないのですが、10.7にしてからなんだか動作がトロい。
メモリも沢山食うのか、遅いと感じる場面が結構あった。
なので、安定の10.6に戻してみようかなと思って、
丁度良いのでSSD化&10.6戻しをしました。

嫁の用途としては、本当にメールとインターネット。
あとは自治会の役割等で必要なOffice系ソフトだけで、
写真管理等もしてないマシンなので、容量の小さなSSDで問題無しと判断し、
データの移行も最低限にして、OS自体をリフレッシュしてしまおうと思いました。

今回やったのは、HDD交換後、10.6のインストール&アップデート、
必要なソフトのインストール、アプリ設定の復元ですが、
最後のアプリ設定で必要なのは、キーチェーン、ブックマーク、メールが中心です。

キーチェーンはコピーで問題なかったし、ブックマークも書き出し読み込みでOK。
唯一どうすれば良いのか分からなかったのがメールの復元です。

メールアプリは、OSX標準のMailを使っていますが、
メールデータフォルダを見たところ、10.6とフォルダ構成が違う。
そのまま10.6にコピーしても、案の定上手く読み込めない。
こまったなぁ、、、と思ってMailのメニューを見ていたら、

メールボックス > メールボックスを書き出す

こんな項目がありました。試しにやってみたら、メールボックスの書き出しができた。
それを、10.6のMailに持っていこうと、同じくメニューを見たら、

ファイル > メールボックスの読み込み

というのがありました。読み込みを選択したら、
メールボックスの指定ウィンドウが開いたので、
10.7のMailで書き出したフォルダを指定したところ、
問題なくメールを読み込む事ができて、スムーズに10.6に戻せました。

過去のOSを特に気にしないAppleにしては、この仕様には少々驚きですね。
それにしても、10.7から10.6へのメールデータの移行は、意外と簡単で良かったです。
SSD&10.6戻しのMacBookも非常に快適に動くようになったので、大満足。

関連記事

iMac Late 2013 は Mac OS X Mountain Lion 10.8のインストールと起動が可能

また間が空いてしまいました。前回の最後に書いたiMacに買い替えた大きな理由の「10.8起動が可能な

記事を読む

Mac mini Serverを買ってみた。3日で諦めた。

MacBook AirにLionを入れてしばらく使ってみたところ、 非常に快適だったから、これは

記事を読む

Mac for XAMPPでのローカル開発環境について。独自ドメイン設定も。

8ヶ月ぶりの更新となりました(汗 今年に入ってから先月末まで休みらしい休みも無く、家族を放ったらか

記事を読む

Safari6の基本表示フォントをヒラギノ角ゴシックにする

あーもう3月ですか。今年も6分の1がもう過ぎたんですね。 はー。怖い。どうしよ。人生どうしよ。

記事を読む

8GBメモリが安過ぎる。iMacを32GBにしたくなる。

追記3(2012年8月19日):更に更に安くなってますね。 最近またメモリの値段を調べてみたら、ノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright Design Office majili All Rights Reserved.