配偶者控除見直し着手 – 今日の日経 2014年4月15日(火)

公開日: : 日経 , , ,

配偶者控除見直し着手

なんですかねぇこれは。日本を崩壊させようとしてるんでしょうかね。

民主党のゴタゴタで子ども手当も満額出なかった上に16才未満の扶養控除だけ無くなって、子育て真っ最中の世帯は大増税されたのに、更に配偶者控除を廃止もしくは縮小ですって。政府曰く、配偶者控除があるせいで年収103万未満にする働き方をしてる。廃止もしくは縮小することで、女性の社会進出を促す。って事らしいんですが、この政策は明らかに間違ってると思いますね。目先の労働力の確保しか考えてないです。所得税の課税対象を個人単位ではなく世帯全体(人数)で算出すべきって意見も出てますけど、まぁ、控除の廃止だけされて世帯単位での課税とかはやらないと思います。

日本が今抱える借金やら労働力やらの問題って、全ては少子高齢化の影響だと思うんですよね。労働者人口が減ってるのに労働力が増えるわけないし、若い人が減ってるのに革新性も生まれるわけないじゃないです。今の日本がしなければいけないことは、20年後、30年後の労働力の確保や、新しい技術や発想を生み出すために、人口を増やす事だと思うんですよ。それに必要なのは出生率の増加と子育て世帯への手厚いフォローじゃないんですかね。

それを、今の人口で目先の足りない労働力を補おうとするのは間違ってると思うんですよ。男尊女卑とも言われかねないですが、男性と女性にはそれぞれ役割があると思うんですよ。子供を産むのは女性にしかできないし、子育て中に絶対的に必要なのって母親だとか言われるじゃないですか。それって世間一般的な認知として普通だと思うんですよ。法律上でも離婚した際、親権問題って母親に有利ですし。

だから、今、政府がしなければいけないことって、若い人たち金銭的に不安無く安心して結婚して、困窮する事無く子供を育てられる環境を作って、出生率の向上と人口の増加を目指す事じゃないんですかね。すぐに効果が出るわけじゃないし、財政的には今よりもさらにキツ伊事になりますし、実際に効果が出るとしても20年後、30年後になると思いますけど、政策ってそういう長いスパンで考えてやらんといけないんじゃないでしょうかねぇ。

今のまま若い人を軽視した政策を続けてたら、日本は本当に寂れると思いますわ。

関連記事

マイクロソフト「IE」に欠陥、専門機関「使用中止も」 – 今日の日経 2014年5月1日

いつの間にやら5月・・・もう今年の3分の1が終わってしまったのね・・・もっと張り切って仕事しなきゃね

記事を読む

一昨日から今日の日経 2014年4月25日(金)~4月27日(日)

ちと忙殺されて新聞読めてませんでした。今朝まとめて読んだのでピックアップ。 認知症で徘徊 介護の妻の

記事を読む

スマホ、消えた現金還元 総務省がやんわり指導 – 今日の日経2014年5月13日

先月末は子供と風呂に入れる位のんびりしてましたが、今月に入ってから何件か新規のご相談頂いて忙しくして

記事を読む

忠誠心は業績を上げるか? – 今日の日経2014年4月21日(月)

土日は家庭サービスを満喫してしまいました。さて、今日の日経ですけど標題通りのこちら。 忠誠心は業績を

記事を読む

残業代って概念が無くなりそうだね。「裁量労働制、管理職候補にも 厚労省方針 – 今日の日経2014年5月28日」

今最近は娘の運動会やらなんやらで肉体的に疲れちゃってました。さて今日の日経 裁量労働制、管理職候補に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright Design Office majili All Rights Reserved.