Mac for XAMPPでのローカル開発環境について。独自ドメイン設定も。

2016年7月1日

8ヶ月ぶりの更新となりました(汗
今年に入ってから先月末まで休みらしい休みも無く、家族を放ったらかしで仕事してたらこうなりました。さて、久しぶりの更新で何を書こうかなと思い、備忘録も兼ねて自分のローカル環境について書こうと思います。

ローカル開発環境に使うソフトは3つ

最近はウェブのお仕事が多く、html納品が多いのですが、その時に悩ましいのがリンク等が絶対パスの場合です。相対パスならば、そのままブラウザにhtmlを投げれば確認ができますが、絶対パスとなると確認がしづらくなりますね。そういうのに迫られてローカルの開発環境を整えたわけですが、今、使っているのは以下のソフトウェアです。

テキストエディタは何でも良いです。最近フリーで良いエディタも多いみたいですね。

xamppのインストールとバーチャルホストの有効化

xamppは適当にインストールしてください。インストールしたらxamppを起動して、Apache等を起動します。

xampp1

起動したらブラウザで http://localhost にアクセスします。正常にインストールされて、xamppが起動していれば、言語選択画面が出ます。日本語をクリックしたら、xamppのインストールは終了です。

次に、以下のファイルをテキストエディタで開きます。
/Volumes/Machintosh HD/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf

488行目あたりにある、以下の行の冒頭の # を削除し、保存します。

#Include etc/extra/httpd-vhosts.conf

これでバーチャルホストの設定が有効になります。次に、バーチャルホストの詳細設定をします。以下のファイルをテキストエディタで開いて、設定を追記します。
/Volumes/Machintosh HD/Applications/XAMPP/xamppfiles/etc/extra/httpd-vhosts.conf

追記例は以下の通りです、ここでは例として localhost.lc にアクセスした際に表示される設定になります。DocumentRoot はURLのトップとなるフォルダ、Directoryはフォルダの設定になります。

<VirtualHost *:80>
ServerName localhost.lc
DocumentRoot "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/local"
<Directory "/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/local">
Options Indexes FollowSymLinks Includes execCGI
AllowOverride All
Allow From All
Order Allow,Deny
Require all granted
</Directory>
</VirtualHost>

Hostsのインストールとバーチャルホストの設定

Hostsも適当にインストールしてください。このアプリはシステム環境設定にインストールされるので、インストール後にシステム環境設定>その他>Hostsを起動します。起動したら、ウィンドウ左下の「+」をクリックして項目を追加し、ipに 127.0.0.1 hostnameに localhost.lc と入力します。

hosts

Hostsの設定はこれだけです。設定が終了したら、xamppのApache等を再起動します。

xampp2

ローカル環境の設定は以上です。これでブラウザで設定したURLにアクセスすれば表示されます。絶対パスでコーディングしていてもこれならローカルで確認できます。ローカル環境が構築出来ればphpを使った動的処理も出来ますし、CMSを導入する必要の無い規模の静的サイトの場合、ヘッダー・フッター等を共通ファイルにしてインクルードしたりもできます。

大分はしょって書きましたが、まぁ、こんな感じで多分できます。