クリエイティブ

XAMPPとHosterで本番URLをローカルサイトで実現する

投稿日:

XAMPP Hoster

注:イーモバイルなどで常にネットに繋がっている人にはほぼ不要記事です。

注意通りですが、常にオンラインでサーバーにアクセスしたり、
修正やアップロードができる状態の人は、読まない方が良いです。
はっきり言って時間の無駄です。

自分はMacユーザーであり、デザイナー、クリエイターであるにも関わらず、
未だにiPhoneも持たず、イーモバイルなども持ち歩いていません。
それには色々理由がありますが、それはまた今度書こうかなと思います。

という状況なので、自分はオフラインでもサイト構築をしたくなる時があります。
素のHTMLだけならテキストエディタがあれば問題無いですが、
WordPressやMovable Typeなど、CMSを使ったサイト構築の場合、
MySQLも必要になってきますよね。そこでよく使われているのがXAMPPだと思います。

XAMPPはローカルサーバー構築を簡単にしてくれるアプリケーションですが、
XAMPPだけだと、ローカルサーバーのアドレスが http://127.0.0.1
ってのが初期設定。しかしこれは味気ない。(XAMPPについては有名なので省略)

どうにかして本番のURLをローカルサーバーで実現できないもんかと思ってた所、
Hosterというソフトがありました。(ダウンロードはこちら
これは、hostsファイルを書き換え、ブラウザで入力したURLのアクセス先を、
任意のアドレスに変更するソフトです。

簡単に説明すると、http://www.apple.com/ にアクセスしたら、
ローカルサーバーが表示される、という事ができます。
(もちろん、設定中は本家サイトへのアクセスはできません)
これを使えば、ローカルサーバーで本番URLでサイト構築ができます。

設定はとても簡単で、Hosterをインストール&起動後、
セットの追加でセット名を適当に決めて、
ホスト名に本番のドメイン、IPを127.0.0.1と設定するだけです。

設定を完了したら、ウィンドウに設定したリストが表示されるので、
リスト左のボタンでオンオフの切り替えができます。

この状態でローカルでWordPressを使ったサイト構築をして、
サーバーの準備ができたら、MySQLのデータをエクスポートし、
本番サーバーでインポートすれば全てのデータ以降は終わります。

URLも本番URLと同じで構築されているので、
データベースにも大幅な手直し等はなく、楽チンです。

-クリエイティブ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Web(ウェブ)とは何か、を改めて考えてみる。

未確定ですが、今年の秋頃から専門スクールで高校3年生相手にウェブサイト制作に関する授業を受け持つことになるかもしれないので、ウェブに対して無知な人には、ウェブをどう教えれば良いのか、ということを考えて …

Mac for XAMPPでのローカル開発環境について。独自ドメイン設定も。

8ヶ月ぶりの更新となりました(汗 今年に入ってから先月末まで休みらしい休みも無く、家族を放ったらかしで仕事してたらこうなりました。さて、久しぶりの更新で何を書こうかなと思い、備忘録も兼ねて自分のローカ …

デザイナー視点でプログラムについて考えてみる。

最近javascriptやらphpやらを改めて勉強し直しています。大学では電子情報工学を専攻していたので、C言語等は触ったことがあり、基本的なプログラムの概念や考え方は理解していましたが、最近はウェブ …

考察:MacBook Proの画面解像度が2880×1800ピクセルに?

2012年の第2期に画面解像度が2880×1800ピクセルになったMacBook Proが発売される。 という噂が出てきました。希望的観測が強そうですが、可能性はゼロではないと思います。 現 …

ランサーズの闇を見た話

アウトプットしたいと言いつつ忙しくてブログ書けてません。こんにちは。 昨日、ランサーズでの出来事を呟いたら、何人かに「いいね」をされたのでまとめておきますね。全くもってよい話ではないんですが。 今では …

Copyright© ブログ|横浜・東京のホームページ・印刷物制作 マジリ , 2018 All Rights Reserved.