Macの便利な使い方 その3 「アプリ内ウィンドウ切り替え」

Mac
Macに限らず、Windowsもですが、ショートカットを使いこなすと、
作業効率がアップするのは当然ですね。

その中でも私がよく使うのは「アプリ内でのウィンドウ切り替えショートカット」

コマンド+F1 です。

一番頻繁に使うのはFinder、次にPhotoshopで使います。
Finderは保存フォルダや素材フォルダ等々、複数開いているので重宝します。
Photoshopもバナー製作等では複数ウィンドウを開くので、便利です。

このショートカットで注意しないといけないのは、F1を使うところです。

MacではデフォルトでFキーに音量やダッシュボード等が割り当てられているので、
システム環境設定のキーボード>キーボードの
「F1、F2などの全てのキーを標準ファンクションキーとして使用」
にチェックを入れなければいけません。

Fキーはアプリのショートカットや、文字変換にも使用できるので、
仕事でMacを使用する人は標準ファンクションキーがオススメです。